カテゴリー
IoT コンサルティング 全般 新着情報

Grove IoT スターターキット

少し前に Grove IoT スターターキット for SORACOM(Wio LTE JP Version) を購入していたのですが、やっとセットアップしてみました。

キットには以下のものが1個ずつ含まれていて、Groveインターフェイスで接続して使用します。

  • Wio LTE JP Version
  • 3軸デジタル加速度センサー
  • ブザー
  • ボタン
  • 磁気スイッチ
  • 温湿度センサー
  • GPS
  • 超音波距離センサー
  • SORACOM IoT SIMカード
  • 接続用ケーブル
  • LTE用アンテナ

Wio LTE のプログラムに開発は Arduino IDE で開発します。

開発環境の設定方法は付属のマニュアルや参照先のWebページに記載されていて、それに従って進めれば特に問題なく終わります。
途中でボードマネージャやライブラリのインストールが必要になります。

実際に環境計測を行ったデータをクラウドに格納・表示するために設定を行います。

  1. LTEアンテナをWio LTEのアンテナ端子に接続します。
  2. Groveセンサーとして温湿度センサーをGroveインターフェイスでWio LTEに接続します。
  3. SIMをWio LTEに挿入します。

計測したデータをSORACOM Harvestへ格納することにします。
サンプルプログラムとして、スケッチ例の
Wio LTE for Arduino > soracom > soracom-harvest
を使用します。
プログラムをそのまま使うとuptimeを送信するだけですが、以下のコメントを外す(行頭の // を外す)と温度・湿度のデータも送信するようになります。
// #define SENSOR_PIN (WIOLTE_D38)

このプラグラムを実行してSORACOM Harvestに格納した温度・湿度の表示例を以下に示します(最初のグラフ)。
2番めのグラフはGPSマルチユニットのデータです。

ほぼ同じ時間のものですが、計測間隔とスケールが少し異なります。
センサの特性が違うためと思われますが、最初のグラフのほうが安定しているように見えます。

#IoT #DX #プロトタイプ #センサ #環境計測 #SORACOM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。